Translate

2015年4月17日金曜日

バリ島現地買付の旅(19) キンタマーニ高原・バトゥール湖

朝ジョグと朝食を済ませ出発準備完了です。

今日も一日中動き回わりますが、まず最初の目的地はバリ北東部の高地”キンタマーニ高原エリア”です。
ちょっと遠出になります。
キンタマーニ高原周辺
キンタマーニエリアに入るとき検問のようなことをしていてポリシ(警官 polisi)から止められワイロ(ソゴカン sogokan)を要求されたりしながらのドライブです。

ちなみにこの手のソゴカンはそこの住民でないインドネシア人でさえサクッと払います。
チップみたいなものです。
1万ルピア(約100円)紙幣を四つ折りにしてさっと渡してしまいます。妥当な額だと思いますが外国人にしては少額すぎるのか?!「どこの国から?(ダリ マナ? dari mana?)」と聞かれたので日本からとは言わず「自分たちは在住だよ(カミ ティンガル ディシニ kami tinggal disi ni)」とだけいうと無言のゼスチャーでイケって感じです。

余談になりますが、以前、南米(ベネズエラ・コロンビア国境近く)に行ったとき検問にあってそこの警官たちは機関銃を持ってワイロを要求してきましたよ。ワイロの額も1人$20でした。どちらも悪しき習慣には変わらないですがそれに比べれば…


2時間半ほどでキンタマーニ高原へ到着です。
バトゥール山(Gunung Batur) 1717m

バトゥール湖 (Danau Batur) バトゥール湖 (Danau Batur)
標高1717mのバトゥール山(火山)とバトゥール湖(火山湖)です。

じゃらんじゃらんで焙煎・販売している大人気の「バリのかおり」ですが、この周辺の農園で栽培されているハイクオリティなバリアラビカ豆を使っています。
良質のコーヒー豆を栽培するにはいろいろあると思いますが、このキンタマーニ高原のように寒暖差のある高標高地は実が締まり、火山灰の土壌はいろんなミネラルを含んで水はけも良いので最高とも言えます。

では農園に向かいます。

0 件のコメント:

コメントを投稿