Translate

2015年4月14日火曜日

バリ島現地買付の旅(2) クアラルンプール空港~デンパサール空港

深夜のフライト。
48時間前からできる”Web-Check In”で快適なシートにチェンジしておいて良かった。
飛行時間は約7時間。
ほぼ寝ている間に到着した感じ。

ここクアラルンプール空港(KLIA)には1996だか7年頃に、
モルディブ&シンガポール行くときにトランジットで訪れて以来なので実に20年ぶりくらい。
当時レストランで食べたなんちゃらミーが美味しかった記憶に思わず遠い目になります。
大きい空港なので沢山お店がありますが、
朝4時でしたのでほとんどのショップはクローズしています。

思い出のなんちゃらミーを食べたかったけれど、
そのミーを食べたレストランは確か空港外。
トランジットタイムの関係で出国して食べる時間はなかったので、
またの機会にすることにしました。

思い出って美化されがちだから、
あれから何十回も海外でいろんなミーを食べたいまとなっては、
期待するほど美味しく感じなかったり…
そしたらショックだな。
…なんて思いながら空港内を散策していたら、もう次のフライトのゲートオープンの表示が。


MH751便に搭乗します。
パッセンジャーですが見た限り日本人は自分たちだけ。
インド人が多かったです。というかまわりはすべてインドの方々。
インド行きじゃないの?なんて冗談をいっているうちに離陸。
ほどなく機内食の時間になりました。
MH715機内食 ツナサンド
飛行時間は3時間程度なので軽食ですが、朝食を食べていなかったのでありがたい。
TIGER BEERを頼んで喉を潤します。
が、これが滞在中最後のアルコールになるとは考えもしませんでした。


ネット環境のない機内ではPocket(ポケット)が重宝します。
いろいろ保存しておいたサイトや文献などをオフラインで読むことができます。
そんなことをしているうちに、
"We'll be landing at Denpasar International Airport in about 15 minutes..."
機長のアナウンスが流れてきました。
まもなく機は着陸態勢にはいりデンパサール空港へ着陸。

バリと日本を行き来するようになってはや13年、
何度目でしょう…恐らく25回以上ここを通っているはずですが、
新ターミナルにってから、バリについた~という”独特のにおい”がしません。
綺麗なのはいいのですが、
なんだか無機質な空港になったな、と感じるのは自分だけでしょうか!?

そしてつい2週間前の2015・4月より入出国カード提出がなくなったようです。
書くのめんどくさいし無くすと出国の時にワイロを要求されたりいろいろトラブルも多かったようです。
しかーし…今年から廃止されるはずだったVOA(平たく言えば入国するために必要なお金ですね)は、、、
visa on arrival
当然のように徴収されます。
この土地で$35あればあれもこれも…。
後日追加情報) 祝! VOA $35→2015年6月12日より免除となったようです!!


空港を出て宿へ向かうのですがツアーではないのでタクシーを利用します。
ドメスティック(国内線)ターミナルのタクシーチケット売り場は目的地までのフィックス価格(定価)が表示してあるのですが、なぜかインターナショナル(国際線)には見当たりません。
ドライバーがわらわら寄ってきます。
スミニャックまでなのですが相場の3倍以上を吹っ掛けられます(笑)
交渉して2倍まで減るとドライバーは半分に。
インドネシア語がしゃべれる(=相場がわかってる)日本人とわかると、
もはや目の前にはいるドライバーはたった1人だけに。
そこからさらに交渉を詰めます。
頭の中を”インドネシア語モード”にするにはぴったりのウォームアップです。
これはバリに限らずベトナムなどでも似たようなもの。
東南アジアの洗礼ですね。
数百円レベルの駆け引きですが値段の問題ではありません。
それに自分が納得できるかどうか!?
(最近は多いですが)定価という概念がないバリにいる間はこんなシーンの連続です。


自宅から成田まで車で7時間。
成田からマレーシアまで7時間。
マレーシアからバリまで3時間。
移動だけでもすでに丸一日過ぎて疲れているはずだけど、
仕事とはいえ旅はやっぱり楽しいし足取りも軽いです。



0 件のコメント:

コメントを投稿