Translate

2016年3月22日火曜日

SARI VILLA SANUR☆サリ ヴィラ サヌール

今回の拠点は前回同様にバリ島東部のサヌール(SANUR)エリアに滞在することにしました。
メインのタンブリンガン通り(JL.Tamblingan)中ほどの場所で、ハルディス スーパーやレストランも多々あり、何をするにも便利です。
ちなみにHardy'sですが何でも売ってるので便利です。
Hardy's=英語発音で"ハーディース"ってみんな言いますが、インドネシア発音だと"ハルディス"のほうが通じます 特にタクシーで行先を説明するときとかネ。


空港からタクシーで30分くらいで予約していたサリ ヴィラ サヌール(SARI VILLA SANUR)に到着しました。
有名なグリヤサントリアンホテルと同じエリアにあり、車は警備員(satpam)のいるテロ防止ゲート?を通って入ります。

サリヴィラのエントランスです。
SARI VILLA SANUR☆サリ ヴィラ サヌール

入口を入ると、フロント、朝食を食べるテーブル、小さなプール(深さ1m)がこじんまりと一体になっています。
プールタオルは無料で借りることができます。
SARI VILLA SANUR☆サリ ヴィラ サヌール

ウェルカムドリンクを出してくれました(^_-)-☆
SARI VILLA SANUR☆サリ ヴィラ サヌール


ヴィラのエントランスからルームまでクッションがあり中庭みたいになっています。
壁があって他部屋から見えないので濡れたものを干すのも気兼ねないのでGOODでした。
床置きのハンガーを貸してくれました。
SARI VILLA SANUR☆サリ ヴィラ サヌール


ルームは10帖くらいの広さ。
TV、冷蔵庫、セーフティーボックス、クローゼット、デスク、エアコン完備でコンセントは3か所、中庭に1か所。
無料のミネラルウォーターのボトルは毎日補充されます。
湯沸かし器と無料の粉末コーヒーやティーバッグがあります。
冷蔵庫に有料の飲み物は入っていません(^^)
フロント横に水やジュース、ビール程度なら売っていますが割高です。
ベッドのシーツは交換の札を出せば交換してくれます。
壁はそこそこ。隣の部屋の声は少し聞こえる程度ですが気になりませんでした。
SARI VILLA SANUR☆サリ ヴィラ サヌール

バスルームです。今回のホテルはお湯も出ます(笑)
シャンプー・ボディーソープは据え付けタイプです。
アメニティは歯ブラシ程度ですがドライヤーがありました。
SARI VILLA SANUR☆サリ ヴィラ サヌール

朝食は日替わりで3種類から選べますが、レストランのような厨房もなくワンルームマンションのキッチンみたいなところで作るので簡素なものです。
フルーツジュースもついていてパパイヤやスイカは100%フレッシュで美味しかったです。
コーヒーとジャワティーはセルフで飲み放題です。
SARI VILLA SANUR☆サリ ヴィラ サヌール


ちなみに1部屋の正規宿泊料金(70万ルピア≒7000円)みたいです。
もちろんこの値段で泊っているわけではありません(笑)
エクスペディアのSALEで1泊朝食付きで3000円位(3名で)だったかな。
計6泊で18000円。
日中は出かけて寝に戻るくらいの利用ならコスパはとても良いです。
自分たちは十分満足でしたv( ̄ ̄)v
SARI VILLA SANUR☆サリ ヴィラ サヌール



∴‥∵‥∴‥‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥‥∵‥∴‥∵‥



"サリヴィラのメモ" 
スタッフは英語・インドネシア語のみ。日本語は通じません。
スタッフは若い方が多くとてもフレンドリーな印象でしたよ。
wifiは敷地内ならどこでも使えます。パスワードを教えてもらえます(無料)。
部屋に電話はありませんがフロントまで近いので無問題です。
フロントは24時間とりあえず的にスタッフがいます(笑)
セーフティボックスは部屋に据え付けの暗証番号入力タイプでまずは安心です。
ランドリーはすぐ近くのタンブリンガン通りに数軒あります。翌日仕上がりです。
チェックアウトタイムは正午でしたが1時間ぐらい遅れても大丈夫なとても緩い感じ(笑)。
客層は20代~60代の欧米人や他島のインドネシアンで日本人は自分たち3人だけでした。
この記事に掲載している情報・レート・価格等は、2016年3月時のものです。

0 件のコメント:

コメントを投稿