Translate

2015年8月31日月曜日

バリ島の秘薬 ジャムウ(jamu)にチャレンジ


買付け先に向かっていたのですが、移動だけ片道2時間弱ほどかかり、その途中でちょうどお昼の時間でお腹がすいてきたのでチャンティダサ(Candidasa)のローカルのワルンでランチをすることにしました。

ナシチャンプルを注文して食べましたが、南部リゾートエリアと違って観光客がほとんどいないこのあたりのワルンの料理はさすがに辛い!

チャンティダサ(Candidasa)のローカルのワルン ナシチャンプル


食べている最中からローカルの人たちが何やら怪しい緑色の液体が入ったペットボトルを次々に買っていきます。
聞いてみると「うちはジャムウが効くって有名なのよ」と。
これだけバリ島を訪れているのにジャムウ(jamu)って2人とも未経験です。
マラソン前だったら絶対飲みませんが、あと大きな買付けはこのあとすぐだけです。
ということでチャレンジ(笑)

チャンティダサ(Candidasa)のローカルのワルンのジャムウ(JAMU)

味はシソジュースっぽい感じで飲みにくくはないです。
タリマンドとか多数の薬草が調合されていて、疲労回復や健康維持に効果があるそうです。
1本Rp10,000(≒約100円)でした。
ちなみに数日経ってもお腹を壊すことはなかったです。
(健康のための飲み物なのにお腹を壊す、という考えもどうかと思いますが、なにせここはバリなので 笑)


バリならではの秘薬”ジャムウ”…呪術と医薬の融合のようなちょっとおどろおどろしいイメージだったのですが、飲んでみればバリ島版の青汁って感じで気軽な飲み物でした。
また違う店でチャレンジしてみようかな!?


∴‥∵‥∴‥‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥


通りすがりで入ったワルンなので詳細はわかりませんがのれんに書かれた”SENGKIDU INDAH”は店名ですかね!? 外観はこんな感じ。



0 件のコメント:

コメントを投稿