Translate

2015年8月28日金曜日

バリ島グルメ情報☆サテ プレチン アルジュナ

デンパサールコタで迎えるランチタイムは毎回必ず訪れるインドネシア名物料理「サテ」専門店、
サテ プレチン アルジュナ(Sate Plecing Arjuna)へ。
お気に入りの店です。


約3か月前の渡航時の旅ログでは”移転していました”と書きましたが2015/8月は元の場所に戻って営業開始しています。
一見すると以前とあまり変わらない感じなのですが店内什器が新調され、トイレも綺麗になっています。
そして大きなエアコンが2台入りました。
窓がないオープンな作りなのに大型エアコンが全開です!
省エネとかまったく考えてないところが”儲かってますね”な感じ(笑)
快適なんですが、前のあのサテを焼く煙と満席でうだるような店内の暑さの中で汗を拭きながら食べるローカルワルンの雰囲気はなくなってしまいました。
ま、でも客層は相変わらず100%地元の方のみで観光客は皆無なんですけど(笑)


サテ プレチン アルジュナ(Sate Plecing Arjuna)


メニュー看板も新しくなりましたが中身は変わっていません。
英語や日本語は通じませんのでオーダーはインドネシア語になります
サテ プレチン アルジュナ(Sate Plecing Arjuna) メニュー表



オススメはサテバビ・マニス(Sate Babi Manis=Pork satay with chili 豚串の甘辛タレ)
サテバビ・マニス(Sate Babi Manis=豚串の甘タレ)



美味し~♪
サテバビ・マニス(Sate Babi Manis=豚串の甘タレ)を食べる



インドネシア語のみで英語・日本語は通じませんしメニューも壁に貼ってあるだけですが、
観光客向けでないリアルなサテを味わいたいならぜひ訪れて損はないと思います。

予算は…サテバビ+ご飯+スープ+ドリンクで一人500円以内
おすすめは…サテバビ マニス
この記事に掲載している情報・レート・価格等は、2015年8月時のものです。
バリのワルンや屋台での食事は、観光客向けのレストランなどと違い、
誰にでもおすすめできるわけではありません。この記事を見て訪れる方は、
衛生状態などをご自分の目で確認して自己責任でお願いします



0 件のコメント:

コメントを投稿