Translate

2019年9月9日月曜日

夕飯はアヤムベトゥトゥ パクマンへ

夕飯は2人ともまだ足がメチャ痛いので宿に近い食堂限定です。eimy店長が見つけてくれたのがアヤムベトゥトゥ パクマンというローカルワルン。大通りのJl.カルディカプラザから路地裏を数百メートル歩いたところにあるワルンで、ワルンというよりはローカル向けだけど少しレストランっぽい感じの店です。メニューは大きな写真入りでわかりやすいですね。



アヤムゴレン(鶏を揚げたもの)とナシゴレン。ナシゴレンはちょっとベチャっとしてる感じですが味はそこそこ美味しいですよ

そういえばあんまり野菜を食べてないなーとチャプチャイも頼んでみました。ガーリックがきいていて優しい中にもパンチあり。中華丼っぽい味だから白いご飯を頼んでそれにかけて食べたくなるな~。

アヤムベトゥトゥ パクマンはムスリム系の食堂が点在する観光客のあまり通らない通りにあります。まあ無難なレストランです。

路地裏のバリ猫。少し前の狂犬病対策で野良犬が少なくなって猫もちらほら見かけるようになりました。

買い付けもほとんど終わってあとは発送作業だけ。コンビニでカットフルーツとビールを買って部屋のベランダでバリの夜風にあたりつつ、ゲッコーの独特の鳴き声をききながらゆっくりの夜です。



アヤムベトゥトゥ パクマン

営業時間・定休日 不明
この記事に掲載している情報は、2019年9月時のものです。
バリのワルンや屋台での食事は、観光客向けのレストランなどと違い、
誰にでもおすすめできるわけではありません。この記事を見て訪れる方は、
衛生状態などをご自分の目で確認して自己責任でお願いします。

0 件のコメント:

コメントを投稿