Translate

2018年7月28日土曜日

アユタヤのエレファントヴィレッジ(Elephant Village)

アユタヤのエレファント・ビレッジ(Elephant Village)に入ってみると…

メチャ混み!

チケット売り場の前の壁に貼ってあった価格表を見ます。
「色々モデルプランがあるみたいだね」
「安い方のプランでもディスカウントで1人2200バーツ(7380円)→1600バーツ(5300円)ってそれでもかなり高くね?」
「トリップアドバイザーのサイトでみたけど(支払がらみの)評判がイマイチみたいだよ(笑)」
「さすがにこの半額以下には確実になるよね(笑)」
「このままチケット買えないね。係員さがさないと」

と言っていたらどこからともなく現れたスタッフ。
ニホンジン?と日本語で言われましたがこういう時は日本語を使用せず断固英語で交渉するのが吉です。ホントはタイ語が出来ればもっと良いのでしょうが…
そしてここからeimy店長がバリ買い付けで鍛えた熟練の値段交渉術を駆使(笑)
数分後、半額以下を軽く通り越してココに書けないくらい安くなったようです。
それでも十分儲けが出てるからOKするんでしょうけど(笑)

ということでチケット購入。

像乗り場へ進みます。

タイ人も祝日で休みとのことなのでかなり混んでます。

20分ほど待ってようやく乗れました。



絵になりますね~

像使いの人が像から降りて撮ってくれたそうです。
当然のように高額なチップを要求されたそうです(笑)
あと”ゴミのようなアクセサリー類をありえない高額で買って攻撃”もあったそうでいかにも観光地あるあるな感じ(笑)
チップは降りるときに20バーツ(70円)渡したそうです。ま、そんなものでしょう。

数十分間視界から消えていましたが戻ってきました。

そろそろフィニッシュです。

「どうだった?」
「まぁ」と息子。
実は息子君、6年前にプーケットで直に乗ったりエレファントキスされたりしてるのでそんなに驚かなかったようです(^^;)
”わーい。像さんに乗れて楽しかった~!”みたいな答えを期待してるからそう思うんでしょうね。
もう6年生。昔のままではないってことなんですよね~(しみじみ)
それでも像に乗るなんてこういった旅行でしかできないことだしそれなりには楽しかったようで何よりです。
その辺の屋台のような場所でひと休み。
息子君はコーラとアイスですがボクらはビールで乾杯!
「あれ、今日も禁酒日じゃなかったっけ?」「そうだけど普通に買えた」「まじ?」「うん。でもちょっとボッタくり価格だった(笑)」
タイに入って初めてのビールが美味しいアユタヤの午後でした!







0 件のコメント:

コメントを投稿