Translate

2014年9月2日火曜日

海を走る有料道路・バリマンダラ(Jalan Tol Bali Mandara)

空港付近からタクシーを拾ってサヌール(Sanur)へ向かいます。
「バイパス? 新しい有料道路にする?」と運転手さん。
海上を走る有料道路 バリマンダラ(Jalan Tol Bali Mandara)去年(2013/9月)に出来たばかりでまだ乗ったことがなかったので「有料で!」と通ってもらいました。
Jalan Tol Bali Mandara
↑この画像は2013年6月買付時に機内から撮ったものです

ゲートを見て「電電太鼓!」って思いました。
海上有料道路・バリマンダラ(Jalan Tol Bali Mandara)

左に分岐します。全部地名ですがPEL.だけ謎だったので「何?」と聞くと「pelabuhan(港)」の略だそうです。まだまだ知らない単語も多いですが聞くとみんな教えてくれるのでどんどん聞いて覚えます。
海上有料道路・バリマンダラ(Jalan Tol Bali Mandara)

ガラガラで快適です。
海上有料道路・バリマンダラ(Jalan Tol Bali Mandara)
あっという間に出口近辺まで到着。

有料道路を抜けるとバイパスとの接続で結構渋滞しています。
平面交差で信号…JCT接続にすれば渋滞も緩和するのに、と素人ながら思いますが?
この辺のツメの甘さは実にインドネシアっぽいなぁ。
空港近辺→サヌールは無料のバイパスを通って20~30分くらいですが、この有料を使うとそれでもバイパスより約5分短縮だそうです。
5分100円ですがどう考えるかですね。
現地では100円あれば屋台で1食たべられますからね。
日本もトーダイとかのさぞお勉強ができる方が設計しただろう首都高速とかがアホみたいに進まないので一緒ですかね(笑)

それにしてもこのバリの有料道路何の目的で作ったんでしょう!?
APECの開催に合わせてとかいろいろあったようですが、タクシーの運転手さんのハナシだとなんかもっと裏がありそうな感じでした。
ちなみに通行料金は2014・9時点で車はRp.10,000(≒100円)でした。



0 件のコメント:

コメントを投稿