Translate

2018年7月28日土曜日

ワット・ロカヤスター Wat Lokaya Sutha☆スト2の舞台はどうやらこっちだったみたい(^^;)

2016年にバンコク旅行の際アップしたこの記事でスト2の寝仏の舞台に行ったよ、みたいなことを書いたけど…
「スーファミのスト2の舞台背景の寝仏はワットポーのじゃなくて、このアユタヤ・ワット・ロカヤスターの方だったみたいだよ」
「ふーん(しらねぇし)」
「じゃ、アユタヤ観光、ラウンド3、ファイト!」
「(笑)」
2018 JULY ワット・ロカヤスター(Wat Lokaya Sutha)


足裏はワットポーのと同じく扁平ですね。
 

背中はどうにも手抜きな感じ。

タイの人たちが熱心に祈りをささげています。

祭壇に小さい寝仏がおいてあります。なんでも自分の身体の良くなりたい部分と同じ場所に金箔を付けるとそうなるらしいです…
見ているとどこからか金箔とお供えの花を売りに売り子さんが現れます(笑)

…ここま4時間弱、アユタヤ半日観光を終了することにしました。
同時にゲリラ豪雨のような強い雨が降ってきて切り上げるのにもナイスタイミングでした。
前にいったベトナムのホイアンのときと同じように、表面を撫でただけの観光だったけど、予備知識ほとんどナシで訪れる世界遺産の風景や空気感はやっぱり新鮮でしたね。

ちなみにアユタヤ→バンコクの帰路ですが、トゥクトゥクでロットゥー(乗り合いバン)乗り場まで送ってもらいました。
ちょうどあと3人乗せればロットゥー発車(満車になると出発)だそうで運賃を払って車内へ。
ちなみに帰りの運賃は1人40バーツ×3=約400円。
ハイエースのような車に十数人相乗りで満席、席もバラバラです。
1時間ちょっとほどでバンコクのBTSモーチット駅前までノンストップです。
運転が荒いという噂通りに結構飛ばすので凹凸で結構跳ねます。
酔っている人もいましたね。
「行きの列車もきつかったけど、こっちも結構キツイ」とeimy店長。
安いけど安全面は?ですね。利用は自己判断でどうぞ。

0 件のコメント:

コメントを投稿