Translate

2016年3月26日土曜日

恒例のコーヒー豆農園訪問☆今回はオーガニック農園でいろいろ学びます

恒例のコーヒー豆農園訪問、今回はオーガニック栽培をしている農園へ。
恒例のコーヒー豆農園訪問


バリ島アラビカ豆の収穫時期はもうちょっと先の5~8月頃なのでまだ実は青いです。
シェードツリーの下で病気もなくすくすくと元気に育つコーヒー豆を確かめていますが突然雨が...
病気もなくすくすくと元気に育つコーヒー豆を確かめています


コーヒー豆だけではなくカカオ、丁子、スターアニスなども併せて生産しています。
カカオは特に需要があるそうです。
店内でカカオを焙煎してチョコレートを作るBEAN TO BARも話題になっていますね。
混ぜ物なしのチョコを食べてみたいので「自分たちもやってみよっか~」なんて話してみたり…(^_-)-☆
カカオ、丁子、スターアニスなども併せて生産しています


この農園でもルアクも飼ってルアクコーヒーも生産していました。
去年LIFESTYLE BLOGに書いた記事"違和感しか感じないので じゃらんじゃらんではコピルアクはあえて売ってません"はいまもPVがたくさんあり皆さん興味があるようなんですよね...
オーガニック農園なので<放し飼い的なもの>を心のどこかで期待していましたがやっぱり檻の中でした(;´ー`)ノ
ルアクコーヒーとひとことで言ってもアラビカ種と安いロブスタ種では値段が違います。
気になるそのコーヒー豆の選別について農園の人に聞いたところ、
「こっちの子たちはアラビカ種だけを食べさせる。こっちの子たちはロブスタ種だけ。そうやって豆をきちんと選別している」とのこと。
オーガニック農園なので<放し飼い的なもの>を心のどこかで期待していましたがやっぱり檻の中でした(;´ー`)ノ
動物好きのむすこは初めて見る動物に目を輝かせましたがしばらくして
「オリに入れられて同じものしか食べさせてもらえない一生ってとっても可哀想だね」
とボソッとつぶやいていました。
綺麗ごとかもしれませんが自分たちも同じ気持ちを抱きましたね。


標高が高い場所なので天候が目まぐるしく変わります。
強い雨が降ってきて外で出来る視察はここで中断。
こういう雨が豊かな緑を作りコーヒーが育つんですね。
こういう雨が豊かな緑を作りコーヒーが育つんですね


じゃらんじゃらんの看板ブレンドのひとつ"バリのかおり"で使っているものと同じ無農薬のアラビカ豆を焙煎させてもらいました。
薪をくべた石窯での素朴な煎り方です。
薪をくべた石窯での素朴な煎り方

eimy店長と交代しながら数十分の手焙煎作業。
数十分の手焙煎


カップテストではなくハンドドリップで淹れて試飲させてもらいます。
ハンドドリップで淹れて試飲


先の焙煎方法でも思いのほか香りがいいですね♪
バリアラビカ、美味しいです♪
香りがいいで



‥∵‥∴‥‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥‥∵‥∴‥


毎回いろいろインスパイアされながら"バリのかおり"  をより美味しくブラッシュアップしていけたらイイな、と思ってます、ハイ。




0 件のコメント:

コメントを投稿