Translate

2015年10月28日水曜日

希薄な思い出しかない旅先。その理由は?!☆Tennessee,USA

┏━┓
┃☆┃JalanJalan director 
ヒロアサクラ’S 旅エッセー(17)  ┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


本棚の釣り雑誌が目に留まりパラパラめくっていたら自分が書いた記事のページが出てきた。
記事をみると1997年。取材がらみでアメリカのテネシー州を訪れたのは間違いないが…。
記事を書いた釣り雑誌
『テネシー州のデールハローに10日滞在した』と書いていた。…でも記憶が薄い。
取材の釣りをしたこと以外ほとんど覚えていない。
ゲームデザイナーだった当時、制作していた釣りシミュレーションソフトに迎えた監修者(ジミーヒューストン氏 別記事)の都合だけで訪れた場所で、飛行機・レンタカー・宿等の手配はUSA子会社のアメリカ人社員がすべて行ってくれて、自分はカラダひとつで現地へ飛んだのだった。
現地ではレンタカーも自ら運転していたのだけれど、どこの空港で降りて、どこに泊まって、…名前すらでてこない。
18年の月日が経って記憶が薄れている?!...いや、その前後に訪れているテキサスとかシカゴでの事ははっきり覚えているので違うと思う。


釣りの取材だったので湖では写真を撮ったがそれ以外では…当時のアルバムもひっぱりだしてみると写真はった数枚だけ。
ちょうど今このBlogを書いている同じ10月でハロウィーンの時期だったようだ。
テネシー州のハロウィーン

テネシー州のハロウィーン
こうやって写真をみてもほとんど記憶が蘇ってくることがない。
夜はスタッフ達と現地のレストランに行って、何かを食べ、何かを飲んだはず。
それすらも思い出せない。


記憶が薄いのは何故か!?
理由は薄々とはわかっている。
それは...
≪自分で旅を組み立てていないから。
いわれるがままに、飛行機に乗って、泊まって、仕事をして、食べて、
それらすべてを会社が手配してくれて、自腹も切ってないからだ≫
と思う。
やっぱり≪旅は自分で作るもの≫だなぁ。
いろんな苦労があるけど、だからこそ喜びもあるし、だからこそいつまでも記憶に残るんだろうとおもう。


いつかまた機会があれば、今度はすべてを自分自身で手配して訪れてみたい。
テネシー州
そう、テネシーといえば、若いころに好きで良く飲んでいた”ジャックダニエル”の故郷だ(笑)
オールマンブラザーズバンドでも聴きながらウィスキーを飲るのもいいかもね☆


…Leaving out of Nashville, Tennessee,
They're always having a good time down on the bayou,
Lord, them Delta women think the world of me♪






0 件のコメント:

コメントを投稿