Translate

2015年7月29日水曜日

美味しいベトナムブレンドを作っている珈琲豆店で視察と勉強

息子が「疲れたから夕飯にいくまでホテルで寝てていい?」と。
時間ができたのでベトナム産アラビカ豆を使ったブレンドを作っているというコーヒー豆専門店を訪ねました。


メモ帖を傍らに英語のできるスタッフさんといろいろ。
 


バカンス中なのに仕事中の顔になってます(笑)


店員さんのイチ推しはニャチャン・ブレンドという銘柄です。地名まんまのネーミングはうちの七日町マイルドブレンドに通じますね(笑)
結構深煎りなんですが、ストレートで飲んでも苦味より甘味が前面にでて、コクの余韻がいつまでも尾を引きます。
そうそう、コレです! 目指しているのはこの独特の美味しさ(^^)v



ベトナム式フィルターは日本ではほとんど使われてないので、日本で良く使われている1~3穴フィルターやプレスなどの抽出器具でこのブレンドを美味しく飲むことができる挽き方の設定とかも教えてもらいました。


ベトナムはコーヒー豆の大産地ですが80%くらいはスーパーで売っている安いブレンドとか缶コーヒーの原料になるロブスタ種。アラビカは希少です。
そんなベトナム産アラビカを使って(ホーチミンシティの人気カフェでレシピを教えてもらって)3年前に作ったじゃらんじゃらんの”ベトナムブレンド珈琲”はリピーターのお客様も多数で”七日町マイルドブレンド””バリのかおり”とあわせてじゃらんじゃらんの3トップ入りしています。
今回の視察と勉強でさらに美味しさがUPすること間違いなし!? です(笑)



0 件のコメント:

コメントを投稿