Translate

2015年7月17日金曜日

幼児連れでの海外旅行・中国海南島 2歳11ヶ月時(渡航2回目)

2010年1月末~2月頭。渡航先は中国海南島(ハイナン)です。
珈琲やお茶の視察を兼ねた半ビジネストリップですが、中国のハワイといわれるリゾート地でもあることから子連れでの渡航にしました。

■子供の状況
・間もなく3歳になろうとしている2歳11ヶ月
・オムツは取れている
・好奇心旺盛
・ある程度の会話は成り立つ
…ので随分楽になっていると思いますが俗に言う”魔の2歳児”なので何が起こるかわかりません。

■事前準備
1月末の出発のため、風邪・感染性胃腸炎・インフルエンザ対策で園を10日前から休ませて体調を整えました。

■飛行機
海南へは直行便がないため乗継ぎ便でした(当時)
成田空港―(飛行時間4時間40分)→中国・広州経由―(飛行時間約1時間30分)→中国・海南三亜鳳凰空港のルートです。

キャリアは中国南方航空(CZ China Southern)で利用は初めてでしたが特に問題はありませんでした。
機内食は航空券取得時(事前)にチャイルドミールをリクエスト。
満腹になったらあくびを始めたので寝る前にトイレに連れていって念のためおむつを履かせました。
着陸態勢になったとき「トイレ」といわれたら無理なので予防線です。
ですがしっかり広州の空港まで寝てくれていましたので問題なかったです。
グアムの時からお気に入りの飛行機のオモチャは暴れないためのお守りにみえました。
幼児・機内の様子

夜7時ごろ広州・白雲空港に到着。乗り継ぎは3時間の予定だったのですがディレイで5時間以上のウェイティングとなってしまいました。
無機質な空港。広くて幼児はさすがに歩き疲れます。
コンビニエンスストアや軽食があるので休み休み探索して長い長い待ち時間をつぶしました。
ブルースリー似の彼が印象的なファストフード店”真功夫 (ツンコンフー)”にも入りました(笑)
広州 白雲国際空港 Guangzhou Baiyun International Airport

日付も変わった深夜、ようやく中国海南島に到着。
自宅出発から既に20時間がたっています。長旅でしたが健気にピースする様子に一安心です。
中国・ハイナン島 三亜鳳凰国際空港

ホテルにチェックインしてちょっと寝るとすぐに夜が明けてしまいました。
海南・三亜ですがのどかな海岸線沿いには建設中のビルが多数。
BMWやアウディなどの看板広告も多く、飛行機が常に離発着を繰り返していて経済発展とかバブルとかを連想させる独特の雰囲気の場所です。
三亜


■ホテル
ハワード ジョンソン リゾート 三亜ベイ(HOWARD JOHNSON RESORT SANYA BAY)にステイしました。大きなリゾートホテルでスタッフは英語が通じます。
朝食はブッフェで自由に好きなものを食べられますし(中華と洋風料理で美味しい)、ホテルのサービスも幼児連れでも不満に思うことはなかったです。
ただ客層が少し問題で中国人富裕層というより…いきなりお金を持ってしまった風の横柄な中国人客も多かったです。エレベーターの中で喫煙してみたり、バスローブでレストランに入ってきたりと、少しありえない光景も多々でした。
ハワード ジョンソン リゾート 三亜ベイ(HOWARD JOHNSON RESORT SANYA BAY)


■滞在
ホテルの目の前が海なのでまずは大好きな海遊びで満足させます。
ハイナン島 三亜 海遊び

何か見つけたようです。ニヤニヤしています(*~ー~)
ハイナン島 三亜 海遊び

視線の先には”中国のハワイ”(≡^∇^≡)
中国のハワイ ハイナン島

三亜の海はサンゴ礁ではないので透明度もいまいち。魚が泳いでいるのが見えないので飽きるようです。
ホテルのプールの方が楽しそうです。
ハワード ジョンソン リゾート 三亜ベイのプールは広大で幼児向けの浅場や迷路のような水路もあったり好奇心旺盛な幼児はきゃっきゃ言いながらはしゃいでいました。
広大なプール・ハワード ジョンソン リゾート 三亜ベイ(HOWARD JOHNSON RESORT SANYA BAY)


三亜中心街にも出かけました。
三亜歩行街店

三亜には美味しい店がたくさん。
eimy店長が目星を付けていた”東北餃子城”という餃子専門店で食事をしました。
海南島 三亜 東北餃子城

子供が皿をガッシャーンと落として割ってしまいました。
たくさんいる店員さんが飛んできてすぐに掃除してくれました。
本当にすみません。
2歳児をこの笑顔にさせる美味しい餃子の店。オススメです。
海南島 三亜の東北餃子城

移動はタクシー(車)も使いましたが「かめんらいだーばいくがいい」と三輪バイクタクシーに乗りたがりました。
ちょっと危険かな、とは思いましたが真ん中に乗せてガードして…運転手さんがとても親切な人で大通りと並行した交通量が比較的少ない裏通りをメインにゆっくり運転してくれました。
ハイナン島 三輪バイクタクシー

街中では英語がほとんど通じず中国語ができないので漢字で筆談です。
食に関しては「不要辣味」などと紙に書いて見せればほぼ大丈夫でした。
ハイナン島 海鮮屋台料理

それにしても本場の海南鶏飯は絶品過ぎて感涙。
本場の海南鶏飯 ハイナンチキンライス Hainanese chicken rice


■幼児期にこそ旅はさせるべきと...
両親とも中国語は「ニーハオ」「シェーシェー」程度しか知りませんでした。
シェーシェーと言ったら何か言っていたのですが聞き取れませんでした。
「いまのひと ぶーかーちー って いってたよ」と息子。
ブーカーチー(不客气)はどういたしましての意味だそうです。
先入観のない子供の脳は乾いたスポンジですね。
やっぱり旅行というかいろいろな経験はさせるべきなんじゃないか、と改めて思いつつ帰国の途へ。



ps.
海南島で未知との遭遇~?????!!!!!
ビックリしました~ 
→記事 ハイナン島でUFOを目撃!? その正体は??




0 件のコメント:

コメントを投稿