Translate

2015年6月30日火曜日

ベトナム・ホーチミンシティで24時間で2回ひったくりに…

2012年12月。
ベトナム・ホーチミンシティで夕飯後、クリスマスイルミネーションに包まれ賑わっている街の公園を談笑しながら散歩をしていたじゃらんじゃらんファミリー。家族水入らずの楽しい時間です。

けれどこんな写真↓を撮っていたときホーチミンの泥棒はすでにeimy店長に目を付けていたようです。
泥棒の目がロックオンしていたのはeimy店長の胸元にあるゴールドのペンダント。
この僅か1分後に…
ベトナム・ホーチミンシティでひったくりにあう

油断していました。
公園ではムエタイの試合をしていて激しい殴り合いと歓声が。
思わず自分は足を止めてしまいました。
eimy店長と息子はそのまま歩いて…と、そこで「きゃぁ!!」と。
強引にネックレスを引きちぎられたそうです。
ベトナム・ホーチミンシティでひったくりにあう
ホテルへ戻って放心状態のeimy店長。
運良く鎖が切れただけで金貨のペンダントヘッドは地面に落ちて無事だったようです。
eimy店長も息子も怪我もなく旅行保険で鎖も直りましたが、いきなりひったくられたことがショックそうでした。


翌日。
ホーチミンシティのバスターミナル付近です。
場所柄ひったくりや犯罪が多いと聞きます。
昨夜のこともあるのでバッグや貴重品類は自分がすべて持ってeimy店長は手ぶらで息子と手をつないで歩いています。
自分はその後ろを少し離れて歩いていました。
ベトナム・ホーチミンシティでひったくりにあう

すると男2人乗りの自転車がフラフラとやってきてeimy店長と息子の背後から不自然な感じで距離を詰めはじめました。
これはひったくりだな、と直感。
eimy店長は手ぶらなのですが奴らの狙いは彼女のポケットに入っているスマートフォンでしょう。
すぐダッシュで駆け寄って「eimy店長~っ!」と大きな声をかけると2人組は慌てて逃げていきました。
ベトナム・ホーチミンシティでひったくりにあう
未遂に終わって良かった。

被害にあったら楽しいファミリー旅行も台無しです。
ホーチミンシティでは特に女性をターゲットにしたひったくりが多いそうです。
特に子連れの女性はカバンや買い物袋などの荷物を持ち歩く場合が多く、抵抗する腕力も男性と比べて弱いことから狙われやすいそうです。
ベトナム以外の国でもひったくりには常に用心しておくことが大切ですが、パパも常に目を離さないようにガードしなければなりませんね。








0 件のコメント:

コメントを投稿