Translate

2015年5月23日土曜日

旅にでようよ! PCでは決して見ることのできないホンモノを見に!

┏━┓
┃☆┃JalanJalan director 
ヒロアサクラ’S 旅エッセー(3)  ┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
グーグルアースや検索でバーチャルな世界旅行を楽しむ、という人が多い、という。
”わざわざ出かけなくてもリスクのない旅行気分”を味わえるかららしい。
時代は変わったんだな、ということを実感しています。
そしてまた、実際の海外旅行中でもスマートフォンに視線を落としている人の多いこと…。
例えば目の前に素晴らしい景色や美味しい料理があるのに、スマートフォンばかりに視線を向けている人をみると正直「キミは何しにきたの?」って思いますね。


3年前。
子連れでバリを訪れたとき、これまでの人生のなかで3本指に入るほどの夕焼けと出会った。
ゆっくりと濃密になっていくオレンジからインクブルーのグラデーション。
リアルを通り越してフィクションなのでは!?と思えるような無限の陰影を持つ夕焼け。
時空が止まったような錯覚。
当時5歳の息子も自分の傍らで空を見つめたまま固まってしまった。

matahari terbenam バリの夕日
Pantai Kuta / February 8, 2012 
「アメイジング!」という隣の白人のつぶやきでふと我に返ってデジカメのシャッターを押した。
圧倒的な臨場感。
その瞬間の光と影。頬を撫でていく海風の匂い。
それは「検索した画像」では決して味わえないホンモノだ。

この記事を書いている2015年5月。
小3になった息子に「夏休みはどこに行きたい?」と尋ねても、ニンテンドーDSでyoutubeのドラえもんをみていて上の空だ。

” どこでもドアみたいにはすぐにいけないけどさ・・・
クリックした画像では絶対見ることのできないリアルな色を見にまた旅に出ようよ!! ”

と、そんな時思いがけなく親子旅が決定しました!
→”夏休み・ニャチャン探検ゲームの主人公はキミだよ








0 件のコメント:

コメントを投稿