Translate

2011年5月21日土曜日

”幼児連れでの海外旅行・グアム島 4歳3ヶ月(渡航4回目)”

2011年3月11日から2か月。
震災後は、物が手に入りにくかったり、食べ物が規制されたり、桜が満開になっても暗いニュースばかり。
こんなにもどんよりとした気分で”春”を過ごしたのは生まれて初めて。
風が香る5月になっても放射能汚染があるかもしれないから外遊びはどーのこーの等があり遊び盛りの子供にも良くないな、と。
気分転換に家族で旅へでることにしました。

子供の状況
・園は年中ですっかりお兄ちゃんの趣が出てきた。
・渡航4回目で目的地がグアムなのでまったく心配なし。

■事前準備
・特になし。

■旅行
eimy店長の実家(関東のおじいちゃん・おばあちゃんの家)に前泊して成田まで車で移動。
利根川沿いの道路を走っていると地割れや隆起、崩れ落ちた屋根、ブルーシートが目立ちます。
3か月前に来たときはそこそこ混んでいたのに、もうホントにガラガラとしか言いようのない成田空港から夕方便のデルタ航空でグアムまで。
2011年5月 成田空港

放射能も何もかも気にしないで外遊び! 久々の笑顔がはじけます。
放射能も何もかも気にしないで外遊び! 久々の笑顔がはじけます

モール、プール、観光名所、ショッピング、食etc...でストレスを解消しまくりました。
マイクロネシアモール・ファンタスティックパーク
マイクロネシアモール・ファンタスティックパーク

ターザ ウォーターパーク
ターザ ウォーターパーク

恋人岬
恋人岬

Dolce frutti GELATERIA グアム
Dolce frutti GELATERIA

ホット・ディゲティ・ドッグ(HOT DIGGETY DOG)
HOT DIGGETY DOG

Outback Steak House Guam(アウトバック・ステーキハウス)
アウトバック・ステーキハウス

気が滅入っていたことはすっかりどこかへ。
何も考えないで遊ぶってこんなにストレス解消になるんだな、と。
あっという間に帰国日。
グアム空港  Antonio B.Won Pat International Airport

搭乗案内のモニタ―-に表示されているNARITA,Tokyoの文字を見て、いつ何が起こるかわからないから好きなことをしてしていたいな、と心底思った震災後の気晴らしの旅でした。

2011年2月11日金曜日

バリ島現地買付 2011年2月

2011年2月5日から約1週間。初めて息子を連れてバリ島へ。これ東日本大震災の一か月前くらいの時だな。

真冬の山形市から成田へ。東武ホテルへ前泊したんでした。どういうわけかスィートルームへ無償アップグレードされてなんかラッキーだったのですが…

ANA便で飛んだみたいですね~。幼い子どものことを考えてだったのかは忘れました(笑)

まだ幼児だからぐずって迷惑をかけないように空港のキッズコーナーでとりあえず遊ばせるだけ遊ばせて機内では寝てもらう作戦だったと思います。

ジャカルタ・スカルノハッタ空港乗り継ぎでハプニング。大幅なディレイ、それも8時間以上!「 困った~」と思ってカウンターに行ったらラウンジチケットをもらいました。使えるのはガルーダのラウンジです。そっか、書いていて思い出したけど乗ったのはANA/ガルーダの共同運航便だったんだ。これで食事とか休憩に困ることはなくなったけど、現着は深夜3時ころになりそう、と。幼児連れにはきついなぁ。

飛行機は日本人の乗客、しかもバリ島行っぽい人たちで満席だったはずなのにラウンジはかなり空いていました。みんなカウンターに行かなかったのかな!?

8時間もあったら食べるか寝るかしかないよね

まぁ、無事到着して2日目以降は買い付けに同行させました。


幼児連れでの5日間の買い付け滞在を終え帰国便。ガルーダのCAさんに当時大好きだったおさるのジョージそっくりのジグソーをもらったみたいで喜んでいましたが、この後すぐに無くしてました。ともあれ買い付け初同行も無事に終わってよかった~!



記事内の写真は2011年当時の物ですがこの記事は2019年8月1日に書きました。